意外と危ないのは秋から冬

夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。

こういった時期、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。

気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、乾燥が進んで赤みが出たりすることもありました。

こういう時期ですから、大切な肌のためにスキンケアは細心の注意を払って行なっているわけですが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えてオイルの使用も始めてみました。

美容オイルも色々種類はありますがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。

緑茶の茶葉は、カテキン豊富な食材です。

カテキンは、加熱などでビタミンCが壊れることを防ぎ、ビタミンCの効果をさらに高めてくれます。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCを欠かさず摂りたいので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂ることができれば、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを抑える効果を望めます。

肌質は個人差が大きいものですが、肌が薄い人はシワができやすいということを、ご存知でしたでしょうか。

肌が乾燥しやすい、突っ張る、シワができやすいなどから「肌が薄いかも」と思っている人は肌の自己チェックをしてみましょう。

血管が青く透けて見えるような人は気を付けたいです。

なぜ皮膚が薄いことでシワができやすいという話になるのかというと肌が充分に水分を蓄えておくことができません。

そのため、肌のハリが失われて、そうすると肌がしぼみ、シワがよります。

そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、肌の薄い自覚のある人は、日常的に肌の老化を防ぐ努力をした方が良いようです。

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は出産前とはホルモンバランスが急激に変わったこともあって、多種多様なトラブルを経験します。

肌荒れやシワなどといった、肌に現われる異変も珍しくなく、顔などに出ると気になるので、悩む女性は多いようです。

妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産を終えると急激に減ってしまって、その影響を受けて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。

乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使って保湿を一番に考えたスキンケアを心がけるようにします。

紫外線やターンオーバーの乱れなどが、肌のくすみに影響するという専門家もいます。

不調がちなお肌の調子を整えるものとして、アロマオイルが挙げられるのです。

特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血液循環の促進に効果のあるゼラニウムは、肌のくすみ解消にはもってこいです。

マッサージに利用するもよし、スチームの容器に何滴かたらして使用するのもありです。

みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミやソバカスのないお肌を作るためには、おすすめの食べものです。

ただ、食べ方には注意しましょう。

朝からたくさん食べた後、強い紫外線を浴びると、ソラレンという柑橘類に多い成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、お肌のためには逆効果になってしまいます。

お肌の負担を軽くするために、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。

肌にシワができるのは、加齢をはじめとして色々な原因があるものの、乾燥が一番であることはよく言われているようです。

エアコンの効いた乾燥しきった部屋にいたり運動時に流した汗が、肌の保湿成分も一緒に流してしまった時などは特に要注意です。

肌の乾燥を防ぎたいのなら、それこそ何度でもひんぱんに保湿をすることが大事だとされています。

例えばスプレータイプの化粧水を持ち歩いて、どこでもワンプッシュするようにしたり、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。

お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、それでも思わず、力まかせにクレンジング剤や洗顔料を使ったり、クリームとか保湿剤をべたべたと塗り込みがちです。

メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行うのが大事です。

念押しになりますが、とにかく脱力!を心がけ、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、以上がスキンケアの理想形ですが、実際は、うっかり力を入れてケアしています。

パックすることでお肌のシミ対策に効果があります。

保湿、美白成分をたっぷりと含むフェイスマスクでパックすると、シミの原因であるメラニン生成の抑制を働きかけ、透き通るような肌にしてくれるでしょう。

うかつにも日に焼けてしまった時に大変有効で、その日すぐにちゃんとケアをすることにより、シミ予防に効果があります。

乳製品の中でもヨーグルトは、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを多く含む食品です。

乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つ働きがあります。

ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする欠かせない栄養素です。

加えて、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩くし、はがれるようにする作用があることで知られています。

こうした栄養素の働きはシミやくすみのない健康なお肌にする効果を狙えます。

プロテオグリカン 化粧品 比較ではシミ対策や美白に有効だといえます。

 

 

ダイエットにも効果がある

基礎代謝をあげるという事は、ダイエットにも効果があるのです。

普段あまり汗が出ない人は、体の中に老廃物などの汚れが溜まりやすい状態になっています。

老廃物が溜まっていくと基礎代謝を下げることになるので、汗があまり出ない人は太りやすくなってしまうのです。

そのため、基礎代謝をアップさせて、汗をかきやすい体へと体質を変えていくことが大切です。

ダイエットを決定したその瞬間が、一番のモチベーションに満ち溢れている状態でしょうダイエットを成功する為には、そのダイエットするぞという気持ちをずっと継続させることが肝要です。

とりわけ、最初に死に物狂いで頑張り過ぎると、挫けやすくなってしまうので、まずはゆっくりとスタートしましょう。

私は子供の誕生後、増加した体重とたるんだおなかを元にもどすために、ダイエットと合わせて人生初体験の筋力トレーニングをしました。

私の場合は母乳だけを飲ませているので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはとても熱心にしました。

おかげさまで、6カ月ぐらいで、ほぼ元のスタイルに返り咲くことができました。

もう15年ぐらい前になりますが、その時、流行していた減量効果があるらしい外国製のサプリを試しに飲んでみたことがありました。

飲んでしばらくすると、わけもなく動悸が発生したり、呼吸が荒くなったりしました。

期待どおりの結果だと判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず、怖くなってしまい、その一本だけで、飲むのを中断することにしたんです。

そのため、体重も何も変化はありませんでした。

複式呼吸をマスターすることで、基礎代謝が上がる可能性があるといわれています。

しょうが湯の飲用やストレッチをやったり、半身浴でリラックスしたりするなど、結構代謝を上げるのにも努力がいると感じていた矢先だったので、まずは呼吸方法を取得して、いつでも手軽に代謝を上げたいと期待しています。

ダイエットには有酸素運動が効果があると聞きますが、有酸素と無酸素の境目というか、判断ができにくいですよね。

一般的には、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度の運動というのがその見分け方のようです。

もっとも、発汗の仕方は温度などによっても変わりますよね。

なので、もっとはっきりとした基準があればダイエットの成功率も高くなると思います。

ダイエットに役立つ運動といえば、有酸素運動と言えるでしょう。

とにかく痩せるためには、カロリー消費が大切なことなので、余分な脂肪を燃焼させるカロリーが多いエアロビクスやサイクリングのような有酸素運動がいいですね。

さらに、体をシェイプアップして強弱のあるボディラインを作るためには、筋トレも併用するといいですね。

ダイエットをずっと継続していると、カロリーを数えなくても、おおよその摂取カロリーが当てられるようになります。

肉と米、野菜をこのくらい食べたのなら、今日の昼食に摂取したカロリーはいくらぐらいというように大体当てられるのです。

私にも太っていた時期があるので、仕方ないのですが、思い出すと少々切なくなります。

一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたあたりから、徐々に落ちていってしまうものです。

これは成長期の終了によって基礎代謝量が安定するようになったことと、運動量の減少によって、筋肉量もそれまでの数値よりだんだんと低下してくるからです。

つまり、30代以降になると太りやすい体質になってしまうのは、実はこのような理由があったのです。

最近は、太って体型が崩れてしまったので元の体型に戻そうと思って色々調べていたら、良いやり方が見つかりました。

その方法とは、結構簡単に継続できそうな有酸素運動です。

有酸素運動を始めてからのききめは素晴らしくて、カロリー制限するよりもずっと早く痩せられます。

私も数週間前からウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をやり始めたのですが、順調に痩せてきているので嬉しいです。

フルベリの口コミでも、こんなに有酸素運動って効果があるんだなと言うのがわかりました。

 

 

肌年齢を感じるようになりました

最近、肌にとても年齢を感じるようになりました。

笑いシワならいいじゃないと言われますが、笑ったときの目尻と口元のシワが老けてみえるので、すごく気になります。

肌のお手入れひとつとっても、忙しくても時間をとるようにしていて、季節によっても変えたりしています。

乾燥肌なので、目周りは専用ジェルやクリームを使って水と脂を補充するスペシャルケアを欠かさないようにしています。

これでも万全でなかったとは。

産後に体質が変わったという話は良く聞きますが、肌もその例に漏れないようです。

長期間変化のなかったホルモンバランスが出産で急激に変わるため、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。

肌のすこやかさを保つエストロゲンというホルモンが少なくなるので、肌の乾燥がひどくなるため、以前から部分的な乾燥状態だった部分に色素が定着すると、なかなかとれないようです。

また、肌が刺激に弱いのもこの時期の特徴です。

外からの影響を受けやすいため、過敏反応を引き起こさないよう添加物をなるべく控えたスキンケア化粧品でうるおいを補填するようにケアしていきましょう。

授乳期のママは子供のことで手一杯かもしれませんが、安心して頬ずりできるようなスキンケアアイテムを選びたいですね。

とにかくキメ細かい美しい肌を維持するには肌の水分を保つことがとても大切になります。

お肌がカサカサしやすい方は基礎化粧品はしっかり保湿してくれるものを選んで肌の水分を保ってあげましょう。

きちんと顔を洗ったら間をあけずに化粧水をつけて肌を保湿して、そのうえから乳液やクリームをつけて保湿しましょう。

スキンケアといえば、保湿剤を使用したり、マッサージをするといったことがまず重要視されます。

しかし、内部からの肌への働きかけはもっと重要です。

食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、タバコを吸うといった生活をしていると、高価な化粧品を使用していても、お肌は綺麗になりません。

毎日の生活習慣を改善することにより、体の内部からのスキンケアにつながります。

アンチエイジング成分配合の化粧品をお肌のお手入れに使えば、老けて見られる原因であるシワやシミ・たるみといったことの遅くすることができます。

しかし、アンチエイジング化粧品を使用していても、乱れた生活を続けていれば、肌の老化に追いつけず効き目を感じることは難しいでしょう。

肌に体の中から働きかけてケアすることも忘れてはいけないことなのです。

お肌の手入れの際にもっとも注意したいのは適切な洗顔を行うことです。

適切に洗顔がされていないと、肌を痛め、肌に水分を保てなくなる大きな原因となります。

乱暴に洗わずに優しく洗う、きちんと洗い流すといったことを常に忘れず顔を洗い流すようにしてください。

肌のシミについて考えるとき、体の内側を気をつけてみることも重要です。

特に、ビタミンCは美白効果を持つと言われていて、イチゴ、レモン、パセリ、ブロッコリーなどにたくさん含まれているんですね。

また、肌の水分が不足してくるとシミの危険度がアップしますから、コラーゲンをたくさん含む、鶏皮、牛スジ、豚骨、うなぎなどを食べましょう。

それから、食生活によるシミ防止ももちろんなのですが、さまざまな栄養素を体に摂り入れることを考えるのもポイントです。

お肌の手入れには保湿がもっとも大切なことです。

入浴中には肌から水分がどんどん流れ落ちていきます。

肌の乾燥を予防するために、化粧水と乳液を使用した後に今度は保湿クリームもつけることをオススメいたします。

保湿クリームを夜に使用すると肌への潤いが朝まで続き、メイクが肌になじみます。

テレビに映っている芸能人の肌ってシミなど見当たらない、美しいものです。

とはいえ、芸能人もヒトですから、実際のところは、肌の不調もつきものなのです。

ご存知の通り、多くの人からの注目を浴びる仕事ですし、一般の方とは比べ物にならないくらい、その問題には気にかけているのではないでしょうか。

その方法から学んでみると、美肌を目指せるでしょう。

最近肌荒れが気になっている人は、セラミドをお試しください。

セラミドというのは角質層の中の細胞間で水分や油分をを湛えている「細胞間脂質」のことです。

角質層は角質細胞が何層にも重なり合っていて、このセラミドが細胞同士を繋ぐ糊のような役割をしています。

皮膚の表面を健康的に保つバリアが働くため、充分でないと肌が荒れやすくなるのでオールインワンの美容液のランキングで選んで肌ケアしましょう。

 

 

肌の調子も良くなってきました

オリゴ糖を毎日摂取しているおかげで、私はきわめて健康的に過ごしていくことが出来るようになりました。

毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べるように心がけています。

ヨーグルトとオリゴ糖は様々に味を工夫して楽しめますし、便秘にならずにすみます。

オリゴ糖を摂取するようになってから、肌の調子も良くなってきて、体重まで落とすことができました。

便秘に良い食べ物は、便秘のオリゴ糖の比較したオリゴ糖だけでなく、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食物などであります。

しつこい便秘の方は、便が固く腸内に滞留した状態になってしまいがちです。

とにかくこの状態をなくして、お通じを出やすく柔らかくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、オリゴ糖などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。

アトピー性皮膚炎の治療に活用される薬は、年ごとに高い効果を得られるようになっています。

もちろん、必ず医師の指示の下で正しく使用するということが肝要です。

もし、違う治療法や医薬品を試したい時には、医師の指導を受けるか、セカンドオピニオンを参考にするといいでしょう。

自分勝手な判断は良い結果につながりません。

子供がアトピーだとわかったのは、2歳を迎えた頃です。

膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。

実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、ぜんぜん良くなりません。

結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。

娘のインフルエンザの予防注射に出かけました。

注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、6歳ながら、注射の針を視認してうたれています。

予防接種が完了した後は怖かったーと表現していました。

見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と推測しましたが、あまり話せませんでした。

もし便秘になっても、薬によって簡単に、解決することができるとは思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、まず、最初に食事を見直してみてください。

特に食物繊維を多く含む食品を摂るのが効果的で、不溶性と水溶性の両方の食物繊維を一緒に摂るのが大事です。

野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。

運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、体の不調にも関係してきます。

中でも女性に多く症状が見られるのは便秘なのです。

運動不足の解消のため、通勤時に走ってみたり、、三度の食事で食物繊維が多い食品を増やしたりするのが良い方法です。

便秘のオリゴ糖の比較だけでなく、便秘にならないためにも、一週間に1、2回はウォーキングしたり、自分好みの運動をして体を動かした方がいいです。

 

 

40代になりました

待ちに待った、誕生日がやってきました。

これで私も40代になりました。

今までは日焼け止めと安価な化粧水くらいしか使っていなかったんですが、どう考えても、これまでのスキンケアでは通用しない年齢ですよね。

エイジングケアの方法は色々とあると聞いているので、調べなくてはと考えています。

紫外線あるいは肌のターンオーバーに支障がある場合、肌のくすみとなって現れるとも言われます。

肌本来の調子を取り戻すためのものとしてはアロマオイルが例として挙げられます。

特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血液の循環をよくしてくれるゼラニウムなどは、くすみに有効です。

マッサージに利用するもよし、スチームを利用する際に、何滴かをたらして利用するのも一つの手段です。

毎日仕事仕事で過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。

そんなある日、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てかなりビックリしました。

目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労を形にして見せられたように感じました。

この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。

どんなに疲れて帰ってきても洗顔をはじめ意地でもアヤナスのBBクリームのケアを終わらせて肌のためにできることをして、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。

シワ予備軍(肌の部分的乾燥)は普段から存在しています。

気づいたらシワが出来ていたなんてことにならないよう、アヤナスのBBクリームのようなスペシャルケアをしてみてはどうでしょう。

特に目元のシワには効果的です。

家にあるものを利用すると簡単です。

たとえば、市販の無糖ヨーグルトに米粉(小麦粉なら少なめに)を混ぜたものを顔にのせるだけですが、タイのホテルのサロンでは擦りおろしニンジンを絞って水気を抜いたのを入れていました。

炎症を抑え美白効果もあるのだそうです。

数分から10分くらいで洗い流します。

このとき洗顔料を使わないこと、タオルでこすらないことがポイントです。

天然の保湿成分と有用菌によるダブル効果で肌の調子を整え、シワ予備軍に的確にアプローチしてくれます。

腸を整えると肌の調子も良くなるので、余ったヨーグルトは新しいうちに食べてしまいましょう。

一般的に、基礎化粧品を使用する順番は人それぞれだと考えます。

私は通常、化粧水、そてい美容液、最後に乳液の順番で使用しますが、出だしに美容液を使用するという方もございます。

実際、どの手立てが一番自分のお肌に合致しているお手入れ方法なのかは実際にテストしてみないと理解できないのではないでしょうか。

有名さによる信頼性がアヤナスのBBクリームのスキンケアの何よりの特長と言えます。

もちろん、その商品のラインナップも乾燥、しわ、たるみ、美白などの、充実したラインナップになっています。

自分の肌の悩みや希望にぴったりのスキンケア商品を選べると言うのも人気を集める理由です。

センシティブスキンなので、ファンデーションのチョイスには気を使います。

特に刺激が激しいものだと細かいぶつぶつが出来てしまい、いち早く痒くなるのです。

ですので、必ずカウンターで試供品をもらって試してから購入するようにしています。

この間に買ったクリームファンデーションは肌にぴったりのようですが、これからも十分に試して取得したいと思います。

毛穴の引き締めのために収れん化粧水を用いる人もいますね。

皮脂の分泌を堰きとめてくれて爽快感も実感できるので、特に夏の季節は助かるアイテムです。

使う場合は顔を洗った後に通常の化粧水、その後の乳液を使用してから、その後に使うようにします。

アヤナスのBBクリームをコットンにたくさん取って、下から上に向かって念入りにパッティングを行ってあげましょう。

 

 

妊活スタートの直接のきっかけ

下の子が出来ることを焦らずに希望してから3年たった後も妊娠に至らずだったので、自分または主人の健康状態が大丈夫なのか心配になりました。

第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、これを機に体をくまなく検査してもらい、何もなければ妊活を始めようと夫婦間で合意したのですが、ふと考えるとこの話し合いが妊活スタートの直接のきっかけですね。

もし、妊娠した時に葉酸を摂取していなかった場合、赤ちゃんの健康に影響は出るのでしょうか。

葉酸は普通にごはんを食べていてもそこそこ摂ることが可能ですが、妊娠初期には特に赤ちゃんの脳や神経の形成にとても、重要な働きかけをしてくれる成分です。

したがって、妊娠中に葉酸を十分に摂取することが大切です。

私は毎日欠かさず、妊活サプリのランキングで選んだ葉酸サプリを飲み続けています。

飲み方については非常に簡単です。

妊活サプリのランキングで選んだサプリの大きさは、飲みやすい大きさなので、多めのお水と一緒に飲むだけで良いんですね。

ニオイなども飲みやすいものですし、飲み忘れないようにだけ気をつければいいのです。

葉酸を飲んでいるのは胎児のためでもありますが、私自身の体にも良い影響があるということなので、今後も継続して飲んでいきたいと思います。

お腹の赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂らなければならないと思う方も意外に多いようです。

知っておくと役に立つのは、どんな食材から葉酸がたくさん摂れるのかですよね。

その名前からしても、葉酸はほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。

実はマンゴーにも豊富に含まれており、私の妊娠がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったので産院のお医者さんにも食べることをすすめられました。

食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりますよ。

妊活中のごはんはしっかりととった方がいいそうです。

特に葉酸が好ましいのですが、葉酸以外にも摂取しなくてはいけない栄養素があります。

ミネラルや鉄分などがそれにあたります。

好き嫌いをいわず、栄養バランスの良い食事をすることが、赤ちゃんにあえる体作りに一役買ってくれるでしょう。

加工食品や外での食事を控えることも、妊娠したいときの食事のポイントだと思います。

赤ちゃんがほしいと妊活の真っただ中の方は、ぜひお守りを持つことをお勧めします。

お守りの一つの、長谷寺は鎌倉にあるお寺で、ここは子宝と縁があるお寺です。

このお寺で扱われているお守りは、妊活時の気持ちを落ち着かせ、安心させてくれます。

その他、パワーストーンなんかも妊活中の女性に人気があるので試しに色々なアイテムを持つこともいいと思います。

妊娠中の女性がしっかり摂らなければならない栄養素が葉酸ですが、錠剤やサプリメントで過剰摂取すると、副作用に苦しめられることがあります。

食事がとれなくなったり、吐き気をもよおしたりなど、人によって様々な副作用があって時には子供にまで影響が及んでしまいます。

いくら良い作用がある栄養素だといっても、過剰摂取にも害はあるのでそれぞれの薬や栄養補助食品に示された摂取量を守っていくことが大事ですよ。

マカというサプリの名前を聞いたことがある人も多くいると思います。

これは、男性のスタミナをアップさせるという作用があるものなのですが、その他にも期待できる効果があります。

赤ちゃんを妊娠しようと、妊活をしている女性の、体の血の巡りを良くする効果があり、体を妊娠しやすいコンディションに整えることが出来るのです。

そして、効果の一つにホルモンバランスを安定させるという働きもあります。

なので、妊娠するためには重要となる基礎体温の変化も正常な状態になっていくので、妊活サプリのランキングで女性の体の中を安定させることに寄与します。

 

 

休みの日は洗濯三昧でリフレッシュしている時間

毎日の事ですが、洗濯が割と好きです。

料理や掃除が苦手でも、洗濯だけは苦にならない。

仕事をしているから、一日置きにしか洗濯が出来ないけれど、「また一杯洗濯物が増えている」と怒りながらも、いそいそと洗濯を始める。

3人家族だからそんなに量が無いはずと思っても、毎日着替えた物を洗濯に出されると結構な量です。

独身時代に買った要領の小さい洗濯機だから、一日4~5回廻して、やっと終了。

でもそれが面倒ではない。

だって実家にいた頃は、6人家族だったから、それはもうものすごい量の洗濯物でした。

片づけるのも一苦労。母は一日中洗濯に追われていたっけ。

それでも追いつけないから、服を畳むときは、手伝わされた。

洗濯物を畳むときはもう洗濯の山を切り崩すようなものだった。

だから3人分なんて大した事ないなんて思えてしまう。

何が好きかって、もう夏のお洗濯が大好きだ。

暑いから干してもすぐ渇く。

お日様に当たって、パリパリに渇いて、服が暖まっていたりすると、嬉しくなる。

天気が良いと、カーテンも洗っちゃえとどんどん洗濯をしだす。

夏の洗濯は気持ちが良い。

洋服がスッキリ、サッパリする感覚が好きなのだろう。

冬でも、洗濯の量は変わらない。

寒さで乾きが悪いのは大変だけど、だからと言って、量が減ることもない。

雨の日だろうが、雪だろうが、休みの日は洗濯で始まる。

洗濯に没頭して無になれる時間がリフレッシュ出来て良いのかもしれないなと最近思うようになりました。

 

 

小学校の同窓会のSNSを発見

私がいた小学校の、同じ学年の同窓会のフェイスブックを見つけました。

私は途中で転校していて、その後当時の友達とのつきあいが途切れているので、こういうことは全然知りませんでした。

フェイスブックには懐かしい名前をいくつも見つけ、当時とは違う大人な顔の元同級生(面影があってすぐ気づく子もいれば、全然わからない子もいる)たちに、不思議な気持ちになりました。

転校後の学校生活が楽しかったので、このころを思い出して会いたいとまでは思わないのですが、昔の知り合いが元気でいるのを見るのはいいものだと思いました。

その同窓会の幹事は、おたがいの家に遊びに行くくらい仲がよかった子です。

彼女のフェイスブックをクリックすると、食事を出すお店を夫婦でやっていることとか、お子さんがいるとかいろいろわかりました。

仲がよかったといっても、転校した後はあまり連絡をとっていないので、数十年ぶりの一方的な再会です。

同窓会を開催するときには、彼女のお店を会場にしているみたいです。

そういえば小中学校それぞれの卒業後に同窓会に呼ばれてことがあったことを思い出しました。

そのときも集合場所は彼女の実家がやっているお店でした。

けっこうやりてな子だったなと、変わってないなと思いました。

当時の同級生については、他に知りたいことがあるのですが、その知りたい子は同窓会には参加していないようです。

探そうにも結婚して名前が変わってしまっていては探しづらいです。